ソーシャルストーカー in 埼玉

ソーシャルストーカーを撲滅し、何人も不当に自由を拘束されたり、侵害されたりしないようにするために、このブログを立ち上げました。このサイトはリンクフリーです。

画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画像

私は集団ストーカーが常識的に考えてあり得ない犯罪だとは思いません。

被害者は集団ストーカーの被害を周りに相談したら周りの人がそんなことはあり得ないと言ったことから、この犯罪は常識的にあり得ないと考えられているんだと思い込んでしまっていますが、すでに周りの人が全てこの犯罪の協力者だったら当然この犯罪の存在を否定するでしょうし、被害者のことを精神的に問題があると触れ回るでしょう。

犯罪者たちはお金のためなら何でもやります。土木工事業者を装ってマンホールから入り込み穴を掘って銀行の金庫からお金を盗み出そうとする人たちだっています。用意周到に準備をして、バレないように偽装工作をして、精神的プレッシャーにも負けず銀行強盗を行います。

集団ストーカーだって同じでしょう。お金のためなら手間隙かけて集団ストーカーに協力する人たちがいたっておかしくはないと思います。

それに、そもそも犯罪自体が常識的に考えて起きる起きないというものではありません。日常的な状況で人殺しをするでしょうか?。お金に困ってないのに強盗するでしょうか?。

そういうことを考えると、集団ストーカーという犯罪もあり得るものだと思うのです。ただ単に、被害者のまわりにカルト工作員や協力者たちが配置されていて否定していたに過ぎないかもしれません。

ちなみに、この犯罪は日本ではまだ大っぴらに報道されていませんが、諸外国ではすでに犯罪として報道されているようです。アメリカで集団ストーカー犯罪の被害を放送したテレビ番組と、それを紹介したとあるメルマガの記事を以下に引用したいと思います。

以下からはそのメルマガの引用です。ちなみに、以下にGang Stalkingとありますが、英語で集団ストーカーを言うときはGang Stalkingと言うようです。

---------------------------------------------
Gang Stalking and Electronic harassment on national TV
(アメリカで放送された集スト被害を取り上げたテレビ番組。)

http://www.youtube.com/watch?v=vA7r4T-OzAY

~途中略~


英語が分からない方や動画を見れない方向けと言う事で、以下にブログ記事をそのまま引用して紹介させて頂きます。

---引用開始(一部改行追加)

初めに、キャスターの方たちがもしあなたをストーキングしているのが見ず知らずの人びとでまた警察が気付かない方法ならどうしますか?とコメントしてます。

本編で女性が引越しをする理由を話してます。彼女は、車や家やパソコンに侵入され破壊されました。また友人たちは、彼女の家のガスが留守中につけられ放置されていたり、不審な人物たちが彼女を付け回していたことを目撃して証言してます。彼女は自宅の飲食物に薬物を入れられ、侵入されレイプをされ、医師の診断書が出ています。この件に関して警察は捜査中です。

彼女に対する組織ストーキングは、彼女の勤務するテキサス州サンアントニオのペインクリニックのパートナーであるジョン・ホール医師の家を訪問した直後に始まりました。

他にも、同様の被害を訴える女性がいます。彼女も侵入され窃盗にあった貴金属が戻されるということが起き、レイプ被害を受けています。インターネット上には、類似のストーキング被害を訴える被害者が多数います。

~省略~

---------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
よろしければクリックお願いします

プロフィール

たなかまる

Author:たなかまる
ソーシャルストーキングの被害者です。春日部市在住。様々なテストの結果で確認できた現実のソーシャルストーカー(集団ストーカー)と嫌がらせを扱っており、思考盗聴等の奇想天外なテクノロジー犯罪や都市伝説的なものは扱っておりません。ちなみに、自分の目で見て、耳で聞き、足で歩いて実際のものを確認すること、現実・常識・良心を大切にすることがモットーです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。