FC2ブログ

ソーシャルストーカー in 埼玉

ソーシャルストーカーを撲滅し、何人も不当に自由を拘束されたり、侵害されたりしないようにするために、このブログを立ち上げました。このサイトはリンクフリーです。


新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。


■2019年はどんな年だったか?

東アジア地図6

香港デモや韓国の問題など昨年も色々とありましたが、

一言で言うならば「自由か否かの戦い」が進行した年だったのではないかと思います。

上の図は東アジアを俯瞰的に見た図ですが、この第一列島線の付近で問題が起きています。

膨張しようとする中国がより自身の影響力を強めようとして諸問題が起きています。

しかし、中国に支配されるということは自由を奪われ、共産党の統制下に入るということです。

共産党が支配する社会では共産主義以外の考え方は認められません。

一国二制度というのは相手国を完全併合するまでの一時的な方便に過ぎません。

それが分かったからこそ香港であれだけの抗議デモが継続して行われているのであり、

11日に行われる台湾総選挙で蔡英文候補が支持率を伸ばしているのでしょう。

そして、この「自由か否かの戦い」は対岸の火事ではないと思います。

我が国は第一列島線に位置しているのですから対岸の火事の訳がないのです。

「自由か否かの戦い」という観点で色々な出来事を見てみれば、

実はあれもその戦いの一部だった、これもその戦いの一部だったと気づくことがあるのではないでしょうか。



■台湾総統選挙

台湾総統選挙

ご存知の人も多いと思いますが、今月の11日に台湾総統選挙があるそうです。

中国と一線を画したい蔡候補と中国の支配下に入りたい韓候補。

ここでも「自由か否かの戦い」が行われています。


ところで、私が気になったのは、

蔡候補は現役総統ということもあって、顔に重みがあって総統らしく見えますが、韓候補は顔が軽く見えるということです。

あくまで単なる感想なのですが、人にそれを言ったら私は韓候補に顔が似ていると言われてしまいました(笑)。

私は親中派ではないので考え方は全く異なるのですが、本当に似ているんですかね。



■ヘイトスピーチ禁止条例成立

ヘイトスピーチ禁止条例

昨年の12月12日に川崎市議会でヘイトスピーチ禁止条例が成立してしまったのは皆さんもご存知だと思います。

行政が国民の発言内容に刑罰を科す・・・。

これ、差別に名を借りた言論統制じゃないですか。

おかしな世の中になってきたなぁという感じですね。

国民皆で「表現の自由」についてよく考えていかないと、日本もそのうち中国とか韓国、北朝鮮のようになってしまいますね。

これが「自由か否かの戦い」の一部でないといいのですが・・。



■IR汚職事件

IR汚職事件

年末のニュースを賑わせたIR汚職事件。

対中傾斜を深めていく政府や与党に対して、中国からのお金が流れ込んでいるのではないかと

思っている人も多かったようですが、それが現実のものだったと明るみに出た事件がこれですね。

やっぱりこうやって中国からお金が流れ込んでいたんだねと、

そして、「自由か否かの戦い」は対岸の火事ではないかったのだと分かる事件でもあります。

今後もこういう事がどんどん明るみに出ていくのではないでしょうか。



■米大統領選挙

米大統領選挙

今年はアメリカ大統領選挙が行われます。

アメリカ大統領選挙というと思い出すのが、2017年の3月にハワイに行った時のことです。

タクシーに乗った時にドライバーと話をしていたら、

当時大統領になったばかりのトランプ大統領の話になったのですが、

そのドライバーさんは「雇用を増やすと言っている彼の政策には期待している」と言っていました。

結局、このドライバーさんとは意気投合し、車内で色々と話をしたのを覚えています。


それと話は違いますが、私はトランプ大統領当選を予想していた人たちに注目をしていますが、

予想をしていなかった人達や予想を外した人達にも凄い人はいるということをある人から言われました。

しかし、私はこういう下らないことは議論するつもりはありません。

もちろんそういう人達の中にも凄い人はいるでしょうが、

予想を当てた人に注目しないで外した人に注目する理由が全く分かりませんし、

誰に注目しようがそんなのは本人が決めればいい事であって人が言うべきことではないでしょう。



■自由が保障されていることについて

去年は自由が保障されているということについて国民がよく考える必要性があるのではないかと

思えるような事件が多かったように思えます。

色々な自由が保障されているからこそ、国が発展し、人々が幸せに生活できるのではないでしょうか?。

自由というものがいかに大切なのか、我々はよく考える必要がある・・そんな風に思います。

そして、その自由な社会を守る為に

我が国日本はアメリカと協調して膨張する中国を抑え込んで行かなければならないと思います。



■近況

話が個人的なことに変わりますが、

最近、保守系の学者先生の講演会や靖国神社へのお参りに行ったりすると、

どうも創価学会員と思われる輩が私の周辺に大挙して座って来たり、近くを歩いていたりするのですが、

一体何を企んでいるのかと思ってしまいます。

反日的思想を持ち、日本はアジアの人達に酷いことをしたという考えを持っている彼らが、

中国の属国になって上手く生きていこうと考えている彼らが、

なぜ私にくっついてそぐわない場所に現れるのか?・・。

何を企んでいるのでしょうかね。

共産党の集会にでも行った方がお似合いなんじゃないでしょうか?。



■追伸

太平洋3

去年、国際政治学者の先生(この方もトランプ大統領当選を予想した方です)が動画で台湾断交の話をしていたので、

動画を見た後で頭を整理するために作った地図がこちらです。

台湾断交と第三列島線はどうなのだろうと思って線を引いてみたのですが、

凝り過ぎて第一列島線と第二列島線も引いてしまい、他の問題も書き入れてしまいました(笑)。

ご存知の方も多いと思いますが、実は第一~第三列島線まであります。

ちなみに、竹島は韓国に不法占拠されているので、中国とは関係ないことを示す意味で違う色にしてあります。




関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング
よろしければクリックお願いします

プロフィール

たなかまる

Author:たなかまる
ソーシャルストーキングの被害者です。春日部市在住。様々なテストの結果で確認できた現実のソーシャルストーカー(集団ストーカー)と嫌がらせを扱っており、思考盗聴等の奇想天外なテクノロジー犯罪や都市伝説的なものは扱っておりません。ちなみに、自分の目で見て、耳で聞き、足で歩いて実際のものを確認すること、現実・常識・良心を大切にすることがモットーです。