FC2ブログ

ソーシャルストーカー in 埼玉

ソーシャルストーカーを撲滅し、何人も不当に自由を拘束されたり、侵害されたりしないようにするために、このブログを立ち上げました。このサイトはリンクフリーです。


■しらけ選挙

参議院選挙の期間中、私は夏休みに入り、日本にいませんでした。

ONとOFFでメリハリをつけて働くのが私流で、働き方改革を体現しているとも言えますが、

とにかく、その期間中、日本にいなかったので雰囲気が掴めません。

しかし、国の外から見ていて思ったのは、一言で言うと「しらけ選挙」だったのではないかと思います。

有権者の潜在的ニーズを上手く汲み取った政治勢力が票を伸ばし台頭したということが一部にはあったにせよ、

個人的感想としては全体として「しらけ選挙」だったのではないかと思います。

消費増税は嫌だけれど野党に入れる気にもならないし、

どうせ自民党が勝つだろうみたいな雰囲気が蔓延していてしらけていたのではないかと。

実際、投票率も48.8%と低いものでした。

投票率推移
(総務省ホームページ「国政選挙における投票率の推移」より引用)

こちらは総務省のホームページに掲載されている参議院議員選挙の投票率推移のグラフです。

このグラフを見ると、今回の投票率48.8%は史上2番目の低水準で、いかに有権者が投票意欲を持ってなかったかが分かります。


しかし、参院選の前に「衆参同時選挙にして消費税率アップ凍結の是非を国民に問う可能性あり」という報道もありました。

これをやれば選挙への関心を高め、かつ高い確率で自民党が圧勝したと思いますが、そのシナリオを捨てて参院選に突入したのは、

消費税率を予定通り10%に上げても参院選で議席を大きく失うことはなさそうだと事前調査で知ったからではないでしょうか。

官邸または自民党は事前調査を行い、消費税率を予定通り上げたとしても大敗することはなさそうだということを知った。

消費税率アップを凍結するとなると色々な抵抗や面倒なことが多い。

消費税率を予定通りアップすると言って参院選で大敗しないなら、消費税率予定通りアップで無難に行ってみようか。

消費税率をアップして景気が悪くなったらその時に何か経済政策を実施すればいい・・・。

そんな風に考えて消費税率予定通りアップで参院選に向かった。

その結果、しらけ選挙になった。

消費増税は嫌だけれど、自民党にお灸をすえて野党に投票するともっと酷い惨状になる・・・。

だから野党に投票する気になど毛頭なれない。つまり投票先がない。

浮動票は仕方ないから自民党に投票するという人と、投票したい政党がないから投票自体しない人に分かれた。

これが投票率を押し下げ、投票率は史上2番目の水準にまで下がった。

しかし、投票率が下がるということは組織票を持つ政党が有利になりますから、自民党に有利に働く。

それと韓国問題もあって大敗は免れた。

場の雰囲気というものが分からないので、参院選中の実際の雰囲気がどうだったのかはよく分からないのですが、

個人的にはこんな感じに思っています。

ちなみに、私は参院選は自民党に入れました。



■京アニ事件

京アニ

皆さんもご存じの「京アニ事件」。

私の世代ではアニメやマンガというのは特別なものではなく誰でも見るものです。

私は学生時代は体育系でしたが、アニメにも関心はあり、好きなアニメもあります。

それはさておき、この事件を見て思ったのは、


   凄惨な事件を起こしてしまう前にその環境から逃げられなかったのか?


ということです。

人を殺してしまったり、会社を燃やしてしまったりする前にその環境から離れることが重要です。

誰でもそうですが、私もある程度人を見て、

自分には合わなそうだなとか、

この人は極度の自己中だから人間関係を持ったら疲れそうだなとか、

こいつは何かあったら裏切りそうだなとか、

見ていてそういう予想がつくので、エキセントリックな人と深い人間関係を持ったことがありません。

職場も色々な所に派遣されているので、1ヶ月もいればこの会社は洗脳チックでブラックだとか分かります。

しかし、凄惨な事件を起こしてしまう人を見ていると、エキセントリックな人に振り回されて殺傷してしまったり、

ブラック企業に勤め続けて精神を病んで犯行に及んでしまったりしています。

私は、凄惨な事件を起こして自分や周辺の人達の人生を摘み取ってしまうくらいなら、

その環境から離れることが大切だと思います。

その環境から離れればすぐにいい人生が待っているということにはならないかもしれませんが、

少しではあってもいい方向に人生が進むことは間違いないと思います。

それと、何か楽しみ、趣味を持つことです。

趣味は現実逃避という小さなものではありません。

趣味も現実の一つであり、そして人生を豊かにするものです。



■思考盗聴はないと思ってます

テクノロジー犯罪を訴える人達がよく思考盗聴ということを仰るのですが、

個人的な体験から言えばこれはないと私は思っております。

何故かと言うと、ソーシャルストーカーの参加者達は私の気持ちを読み切れていないからです。

彼らは私が現在こういうことを考えている等としばしば予想をしているようですが、

その予想自体が大きく外れていることが多いのです。

彼らはカルト信者であるが故に意味不明な言動が非常に多いのですが、

私が理解できないでいると、理解できるように更に何かを言ったり行ったりします。

しかし、それでも分からないことが多いのですが、何とか理解できた時は、

そんなトンチンカンな予想をしていたのかとか、

そんなアホなことを考えていたのかと思う事ばかりなのです。

こういうことが非常に多いので、思考盗聴なんてないんだろうなと思うのです。

ターゲットとなる人に対し、集団で情報収集をして、

極度に質の悪い心理分析や行動分析を行っているだけなのではないかと私は思っています。



PS:
トランプ大統領当選を予想したことで知られる木村太郎氏が参院選特番で興味深いことを仰っていました。

それは

「世界中で移民政策は失敗している。今回はN国党と言うシングルイシューの政党が当選者を出したが、

日本もあと何回か選挙を経たら移民反対というシングルイシューの政党が台頭するかもしれない。

それが今ヨーロッパ等で起きていることです。」

という発言。私もこのブログで以前から類似の意見を申し上げています。

なってもおかしくない方向に徐々に進んでいますね。




関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング
よろしければクリックお願いします

プロフィール

たなかまる

Author:たなかまる
ソーシャルストーキングの被害者です。春日部市在住。様々なテストの結果で確認できた現実のソーシャルストーカー(集団ストーカー)と嫌がらせを扱っており、思考盗聴等の奇想天外なテクノロジー犯罪や都市伝説的なものは扱っておりません。ちなみに、自分の目で見て、耳で聞き、足で歩いて実際のものを確認すること、現実・常識・良心を大切にすることがモットーです。