FC2ブログ

ソーシャルストーカー in 埼玉

ソーシャルストーカーを撲滅し、何人も不当に自由を拘束されたり、侵害されたりしないようにするために、このブログを立ち上げました。このサイトはリンクフリーです。


9aa810662059e97bba604c18052cc4aa_s.jpg


■知らない人とのネット上のコミュニケーションは避ける

普段は直接お会いしたことのある方でないとネット上ではやり取りしないのですが、

先日、ツイッターで気になることがあったので、問い合わせをしてきた方にあえて返信させていただきました。

その方はネット上でソーシャルストーカー参加者と思われる複数のアカウントに囲い込みをされ、

色々と騙されたり、攻撃をされたとのことでした。

ツイッターのような顔の見えないメディアはストーキング参加者達にとっては攻撃しやすいでしょう。

基本、私がツイッターで返信しないのはそのためです。

また、スカイプで話をするとしても見知らぬ人と顔が見えない状態で話をするとしたら同じです。

それもストーキング参加者達にとってはやりやすいでしょう。

顔見知りでも何かを仕掛けてこようとする人はいるくらいですので、知らない相手なら余計にやって来ます。

前にもこのようなことは書いたことがありますが、あまり知らない人であればなるべく会って話すこと、

知らない人とはなるべくネット上でコミュニケーションをしないことが大切です。


■偽か否かだけでは判断できない

話が変わりますが、昔から偽被害者論議というのがあるのですが、あれは実に下らないです。

偽かどうかなんて身元調査でもしなければ分かりませんし、しても分からないかもしれません。

それに、被害者の中には好き嫌いの激しい人や意地の悪い人もいて、自分の嫌いな人を偽だと吹聴する人もいます。

また、共産党やその他の政治団体の支持者や創価以外の新興宗教の信者等もいます。

そういった何らかの団体に属していますと公言していたり、それと分かるようにしている人ならいいのでしょうが、

意図的に隠していて接近し、勧誘できないと悟ると「こいつは偽だ」と騒ぎ立てられでもしたらいい迷惑です。

ですので、私は被害者の人を見る時は偽か否かだけでは考えてはいません。


■統一地方選の感想

・争点の見えない地方選挙

話がまた変わりますが、先日の統一地方選、維新の会の躍進が目立ちましたね。

それに対し、公明党は徐々に衰え始めて来ている感じでした。

投票率の低さもさることながら、立候補者が少なくて無投票で終わった所も少なくなかったと聞きます。

多くの人達が地方政治に関心を持っていないという論調が飛び交っていますが、素人考えではそりゃそうだろうと思います。

地方政治は争点や問題点が見えない、または見えにくいからです(あくまでも有権者としての、しかも個人的な視点ですが・・・)。

ですから、どこかの党員とか団体に所属している人は別なんでしょうが、

そうでもない人は争点がないと誰に投票していいか分からないし、そもそも投票しに行こうという気にすらならないように思えます。


・人の認識能力には差がある

しかし、この争点というのも難しい問題のように思えます。

私には現在の東アジア情勢は我が国にとってとても危険な状況のように見えるのですが、

これが地方選挙で争点になるのかと言うとちょっと微妙。

なぜなら人間の認識能力には差があるからです。

同じものを見ても同じように認識するとは限りません。

だから、多くの人は日本が置かれている危険な状況を認識できないでいる。

人民解放軍が攻めてきて尖閣諸島を占領したり、北朝鮮が弾道ミサイル実験を再開したりすれば別でしょうが、

そういう状況が起きでもしない限り、多くの人が日本を取り巻く情勢の危険性に気づき、

これを地方選挙の争点するとは思えません。


・自分の暮らしに直結する問題に注目する傾向

むしろ、多くの人にとっては自分の暮らしに直結する問題の方が気になるので、そこが争点になりやすいように思えます。

実際、維新の会は大阪都構想を争点にして公明党を抑えています。

また、NHKから国民を守る党が躍進したそうですが、その理由もそんなところにあるのではないかと思ってしまいす。

この政党のステッカーのようなものをポストに貼っている家って結構見ますからね。

見てもないのに金なんか払いたくないという人が意外と多いのでしょう。


・時代の要請

だた、こういうのも時代の要請のような気もします。

その時に世の中に問題になっていることがあって、それを問題としてとらえて争点としている政党があった。

だから、その政党が票を取った。

そんなところなのではないかと。

ですから、数年後に日中の間の軋轢が酷くなったり、日本が外国人で溢れて好き放題やられていたりすれば、

その時は防衛問題や移民問題が争点になるのではないでしょうか。


・新たな危険性

ところで、今回の埼玉県議会議員選挙、候補者が少なくて無投票と張り紙がしてありました。

今後もこういった所が増えるようです。

しかし、そうすると危険ですね。

共産党のような政党が無投票で決まるような場所を探し出して候補者を立ててくるかもしれないからです。



関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
よろしければクリックお願いします

プロフィール

たなかまる

Author:たなかまる
ソーシャルストーキングの被害者です。春日部市在住。様々なテストの結果で確認できた現実のソーシャルストーカー(集団ストーカー)と嫌がらせを扱っており、思考盗聴等の奇想天外なテクノロジー犯罪や都市伝説的なものは扱っておりません。ちなみに、自分の目で見て、耳で聞き、足で歩いて実際のものを確認すること、現実・常識・良心を大切にすることがモットーです。