FC2ブログ

ソーシャルストーカー in 埼玉

ソーシャルストーカーを撲滅し、何人も不当に自由を拘束されたり、侵害されたりしないようにするために、このブログを立ち上げました。このサイトはリンクフリーです。


2dbddd1358b285b8a1186d207b1ca1c0_s.jpg

■最近の工作① 会社がやっている

11月までいた職場、その職場にも創価学会員が何人かいたようです。

カルト信者かどうかは見ると大体分かります。

なぜなら向こうから「私はカルト信者です」と言動で示してくるからです。

だから、わざわざ注視して観察する必要もなく、こいつカルト信者だとすぐに分かる場合がほとんどです。

で、そのカルト連中が仄めかししていたのがこれ、会社の指示で嫌がらせをしているというもの。

理由は私が親中派ではないから。

11月までいた会社の親会社は米国が中国に対する経済制裁をしている最中に

中国に工場を造りますと表明した会社です。ほぼ親中派なのでしょう。

だから会社の指示で嫌がらせをしていると仄めかしをしていました。

しかし、私はそうは思えません。

私がそんな大物ではないからです。

実際、私が親中派だろうがそうでなかろうが、この会社は関心がないでしょう。

その会社にいた創価学会員が別の理由でやっているのを隠すためのミスリードでしょう。

ちなみに、理由は大体察しがつきますが・・・。



■最近の工作② バカな若者工作

もう一つの工作がこれです。バカで、親朝鮮(と思われる)若者が周辺によく出没するというもの。

これは何を狙っているのか分かりませんし、何を狙っていてもどうでもいいです。

若者の間に韓流ブームが起きているとミスリードしたいのかもしれません。

政治では対立しているけど、文化は別とか、そういう風なミスリードでもしたいのか、よくわかりません。


ソーシャルストーカーに参加している連中を見ると、そういったものに関わるから余計に不幸になるのではないかと思えます。

ソーシャルストーカーもそうですし、新興宗教もそうです。

そういったものに関わるから余計に不幸になるのではないかと。

いい加減な新興宗教を辞め、きちんとした日本の歴史を学ぶなり、思想を学ぶなりした方が余程幸せになるのではないでしょうか?

もっとも私の家族も似たようなものです。

母親の手術が終わったので申し上げますが、

私の家族はカルト信者ではないですが、カルトと何らかの関係は持っており、少なからず影響を受けています。

物的証拠はありませんが、今まで観察してきた結果、そうであろうと思います。


■フランス

話が変わりますが、日産自動車、フランスがらみで問題が起きていますね。

しかし、このフランス、今はあまり調子が良くなく、マクロン大統領も不人気なようですね。

それで私がここに書いたことを思い出してしまいました。

2017/4/26に書いた「深刻な就業妨害」の「フランス」の項の一文です。
http://syuust.blog130.fc2.com/blog-entry-613.html

「この人が大統領になったらフランスは混迷を極めそうだなと思ってしまいます。」

何となくそう見えたので書いたというレベルの発言ですが、

実際のフランス社会は徐々にこの色合いが強くなってきているようですね。

ちなみに、マクロン大統領はグローバリストです。

グローバル化が進むと今の米国のようにわずか10%の少数の人達が

国内の90%の富を占有する社会になるのではないでしょうか。

つまり、中間層が没落して膨大な数の貧困層や失業者を生み出す。

火加減と同じで激しすぎる競争は身を亡ぼすだけのように思えます。


■日本

「今の世の中を見ていると、グローバル社会化を進めたい人たちは、

英米でグローバル社会化を進めるのが難しくなってきたからとりあえず他の国で進めてみるか、

という感じでやっているのではないか、そんな風に見えてしまいます。

そして、その1つが私たちの住む日本。

それが正しいかどうかは知りませんが、何かそんな感じに見えます。」

2017/6/10に書いた「ソーシャルストーカー被害者と左翼 」の「保護主義とグローバル主義」の一文です。
http://syuust.blog130.fc2.com/blog-entry-616.html

これを書いたときは私の周辺の人達には「全然そんな感じに見えない!」と言われてしまったのですが(笑)、

移民問題を中心にその「そんな感じ」が顕在化してきましたね。

そして、グローバル化を推進する政治家達を調べると、グローバル化を進めたい海外の人達と会ってたりします。

検索して調べてみると分かります。

この人はこの時期にあの人と会ってたのか!とか。


■米国

ある政治学者の話ですと、

先日の米中間選挙では民主党の候補は共和党の候補よりもかなり多くの政治資金を持っていたようです。

大企業などの大きな組織が多額の政治献金を民主党の候補にしたのではないかとのことでした。

しかし、私、思ったのですが、民主党は社会主義的な政策を採る政党ですよね。

支持者は労働者階級やマイノリティー。

グローバル化の煽りを一番受けそうな人たちです。

その政党の候補に対し、なぜ大企業などが多額の献金をするのか?

もしかして、グローバル化に反対しそうな人達を抑え込むために献金しているのではないでしょうか?

グローバル化に一番反対しそうな人達が投票しても当選する候補はグローバル化に賛成する人ばかり。

そういう状況を作り出すために大企業などが民主党に多額の献金をしているのではないか?

一方、共和党でグローバル化に反対しているトランプ大統領は人格攻撃やスキャンダルで潰そうと企んでいる。

そんなことを考えてしまいました。




関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング
よろしければクリックお願いします

プロフィール

たなかまる

Author:たなかまる
ソーシャルストーキングの被害者です。春日部市在住。様々なテストの結果で確認できた現実のソーシャルストーカー(集団ストーカー)と嫌がらせを扱っており、思考盗聴等の奇想天外なテクノロジー犯罪や都市伝説的なものは扱っておりません。ちなみに、自分の目で見て、耳で聞き、足で歩いて実際のものを確認すること、現実・常識・良心を大切にすることがモットーです。