ソーシャルストーカー in 埼玉

ソーシャルストーカーを撲滅し、何人も不当に自由を拘束されたり、侵害されたりしないようにするために、このブログを立ち上げました。このサイトはリンクフリーです。


■派遣先の企業で政府機関の手入れがあったようです

保育園落ちた

先日、派遣先企業で政府機関の手入れがあったという報告を会議で受けました。

現場は大変だったらしいという噂もありますが、

その手入れがあったとされる日にそれらしい人達を見なかったので本当かどうか疑っています。


誰かが通報したらしいなどと疑いの目が会社に出入りする人間に向けられているようで、ちょっと嫌な雰囲気です。

しかし、話をしている人の様子はあまり深刻に見えませんでした。

上記の嫌な雰囲気と話をしている人の様子にギャップがあるので変だなと思っています。

そして、あまり深刻そうに見えなかったので、その人が話をしている最中に、

左翼のマネをして「通報したのは私だ!」とか言ったらどうなるだろうなぁなどと変なことを考えてしまいました(笑)。

もちろん通報などしてませんが。



■いい人もカルトな人も多い会社

先日、この会社で、人としゃべりもしないで仕事をしているだの何だの大きな声で言ってる女がいたのですが、

その口ぶり、言い回しがウチに時々勧誘しに来ていた新興宗教の人間とそっくりだったので、

あの宗教の人間がここにもいたんだ!と思ってしまいました(笑)。

この会社、カルトな人がけっこういると感じるのですが、人柄がいい人も多いので、不思議な会社であります。

まぁ、その会社さんとのお付き合いも今月で終了になります。



■深刻な言論封殺の進行に注意

話が変わります。

少し前から色々な人が言い始めていますが、我が国で言葉狩りや言論封殺が進行しています。

表現の自由の危機です。

皆さんも思っていると思いますが、これはグローバル化とか移民政策と深い関係があるように思えます。

現在日本で進行しているのは大量移民政策です。

移民への反感や移民政策反対への雰囲気が社会に広がると大量移民政策は失敗に終わるので言論封殺をしている。

同様の目的と理由で多文化強制に対する反対も封じ込めたいがために言論封殺。

そんな風に見えます。


しかし、欧州や米国はどうやったのか?またはどうしているのか?とも思います。

日本で現在起きていることは少し前に欧州や米国でも起きていた、または今も起きていることです。

ひょっとすると日本の方が少し遅いのかもしれません。

そうすると、当然、あちらでも同じような言葉狩りや言論封殺があったはずです。

ところが、米国ではトランプ大統領が誕生し、欧州では移民反対の政党が勢力を伸ばし、

政策を反転させつつある国が増えています。

そうすると、米国や欧州でも同じような言論封殺はあったが、逆に封じ込めてきて、今がある・・

そんな風に思えるのです。

そして、もし私が考えた通りなら、どうやったのか知りたいですね。



■移民政策の結果

どうも私の周辺には移民政策に賛成・推進する人間が多くいて、

それがいかにいいのかを私に教えようとしているように思えてなりません。

私の単なる思い過ごしかもしれませんが・・・。

まぁ反日的新興宗教団体はどこも移民政策にはもろ手を挙げて賛成でしょう。

信者獲得に四苦八苦しているようですから、移民を日本に入れて、ついでに入信させようと考えているでしょう。

もしくは移民させてやるから入信しろと言って誘っているのかも知れません。

そして、反日カルト宗教につきまとわれている私ですから、

移民政策に賛成するような人間が周辺に多くいるのはあり得る話です。


状況を見るに、移民もしばらくは続くでしょう。

しかし、我が国もそのうち欧州のように移民に反対する人が増え、政策を反転せざるを得なくなるでしょう。


ちなみに、私は自分が未来が見えるとは思ったことはないですが(実際に明確に見えないので)、

自分の見通しが当たるということは珍しくはないので、この見通しが当たったとしても別に驚きもしません。

それに、これは誰でも当たりそうなことじゃないですか。




関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
よろしければクリックお願いします

プロフィール

たなかまる

Author:たなかまる
ソーシャルストーキングの被害者です。春日部市在住。様々なテストの結果で確認できた現実のソーシャルストーカー(集団ストーカー)と嫌がらせを扱っており、思考盗聴等の奇想天外なテクノロジー犯罪や都市伝説的なものは扱っておりません。ちなみに、自分の目で見て、耳で聞き、足で歩いて実際のものを確認すること、現実・常識・良心を大切にすることがモットーです。