FC2ブログ

ソーシャルストーカー in 埼玉

ソーシャルストーカーを撲滅し、何人も不当に自由を拘束されたり、侵害されたりしないようにするために、このブログを立ち上げました。このサイトはリンクフリーです。


20180520top.jpg



上記の画像にあるように、

先日、カルト団体に属していた米国の女優さんが勧誘活動で逮捕されたという事件がネットにアップされました。

勧誘だけで逮捕されるのか?と思い、記事を読んでみるとどうもそれだけではない様子。

何とこの団体の創設者好みの女性をスカウトし、創設者と性的関係を持つように強制していたようです!

以下、記事を転載します。

転載開始
------------------------------------------------------------------------------------
【4月22日 AFP】米国の人気テレビシリーズ『ヤング・スーパーマン(Smallville)』に出演していた女優が20日、

指導者との性的関係を女性メンバーに強要していたカルトまがいの自己啓発団体のために勧誘活動をしていたとして、

人身売買の容疑で逮捕された。検察当局者が明らかにした。

逮捕されたのは女優のアリソン・マック(Allison Mack)容疑者(35)で、女性のための指導集団と称する団体のために

勧誘活動をしていたとされる。検察当局者によると、メンバーとなった女性たちは自身の利益になるとして、

性的に搾取されたり労働を強いられたりしていたという。

ニューヨーク州オールバニ(Albany)を拠点としていた団体の女性メンバーたちの多くは、

指導者のイニシャルの焼き印を体に入れられていた。

「バンガード(先導者)」の異名を取る団体の指導者、キース・ラニエール(Keith Raniere)被告は、

性行為目的の人身売買容疑で3月にメキシコで逮捕され、その後、性行為目的の人身取引と共謀の罪で起訴された。

 ラニエール被告は過去20年間にわたり、自己啓発セミナーを主催。上部組織の「NXIVM(ネクセウム)」は

米国やメキシコ、カナダ、南米で関連施設を運営していた。

同被告は、団体設立当初から複数の女性メンバーたちと性的関係を持ち、

2015年には自身を唯一の「主人」とし女性メンバーを「奴隷」とするピラミッド型秘密組織「DOS」を設立した。

 各セミナーの受講料は数千ドル(数十万円)に上り、団体内で昇格する手段として別講座の受講を勧めたり

新たなメンバーの勧誘活動をさせたりしていた。

 DOS内部では「奴隷」が昇格するには新たに自身の奴隷を勧誘することが必要だった。(c)AFP
------------------------------------------------------------------------------------
転載終了

転載元URL:http://www.afpbb.com/articles/-/3172069?cx_part=ycd

読んでみてカルトの匂いがプンプンする・・・というよりカルト宗教そのものだなと思いました。

そして、日本のカルト宗教団体でも類似のことが行われていてもおかしくないなと思いました。



■カルトな言動

しかし、カルト信者の人にとってはこういうことが当たり前なんでしょうね。

教祖様に差しだすのは当たり前だぁああーとか思っているのでしょうね(笑)。

今の職場にもカルト信者の人が少なからずいますが、言動がカルト的なのですぐに分かります。

そのカルトな言動のうち、代表的なものが、一人でいたり、一人で行動することを非難することです。

なぜそういうことをするのか?

それは「一人でいることはよくない」ということから「友達を作るべき」と転化し、

最終的に「友達を作るには入信をするべき」というところまで繋げるためです。

要するに「入信をする」というところに強引にでも持っていくために「一人でいるのはよくない」と言うのです(笑)。

一般的な私達からすると、友達を作るために新興カルト宗教に入信するということ自体がすでに狂気の沙汰なのですが(笑)、

カルト宗教に洗脳されている彼らにはそれが分からないのです。

何かマルチビジネスの手法みたいですね。


ちなみに、私は学生時代は小中と運動部で過ごし、高校生の時は少林寺拳法、大学の時は空手をやってました。

なので、特に友達に困ったこともありません。

探究心があるので一人で行動することが多いですが、女性とも普通にお付き合いしてきましたし、

飲み友達や遊び友達もいました。


しかし、カルト信者の連中というのはカルト宗教に入るまでは孤独だったからか、やたらと大人数での飲み会にこだわるようです。

しかし、私からすれば大人数の飲み会なんて気を遣う対象が多いだけで面倒、

特に女性が多いところなら(女性同士の争いが表面化すること等があって)もっと面倒だと思ってしまいます。

そんな面倒な思いをしても人と関わりたいほど孤独だったのかねぇと思ってしまいます(笑)。



■マスコミの偏向報道を見破る

ソーシャルストーカーに参加しているカルト信者達の中の一部の連中は、

私がマスコミの偏向報道を見破り、トランプ氏が大統領になることを予測したのは嘘だと一時期言っていました。

しかし、私からするとこういう人たちは話をしても仕方のない人です。


なぜ話をしても仕方がないのかというと、

マスコミの偏向報道を見破るのは知識豊富でとても頭がよくないと不可能だと思っているからです。

私は記憶力が特別いい訳でもなく、数学以外はあまり出来た記憶がなく、あまり勉強しない政経学部の学生でした。

その私、平均的な頭脳を持っている私でもマスコミの偏向報道は見破れます。

ちなみに、私はマスコミの報道は信用ならないと学生時代から思ってました。


覚えているのはこういう例です。

米国はすごく大雑把に分けると、民主党の米国と共和党の米国があるのですが、

日本の報道ではその辺りは常に無視されて報道される傾向にあります。

政治関係の報道をする側ですから私が知っていることなど知っているに決まってます。

そこを無視して報道するのは怪しいなぁと思ったものです。


また、報道ではないのですが、ドラマで日米繊維交渉の経緯を何度か見たことがあるのですが、

あれを見る度に思うのが、なぜいつも日本の側からしかドラマにしないのだろうということでした。

日本の繊維がたくさん輸出出来たのはアメリカの企業がたくさん買ってたからでしょう。

当時のアメリカにもユニクロのような会社がたくさんあって日本の安い繊維をたくさん輸入していたのでしょう。

日米繊維交渉はアメリカの繊維業界が当時の政権に文句を言って圧力をかけて始まったと記憶してますが、

逆に輸入していた業界の人たちは文句を言わなかったのだろうか?

そして、その人たちについてはなぜ語られないのだろうか?

本当に偏っているよねと疑問に思ったものです(今でも思っています)。

ちなみに、私が調べた範囲では輸入していた業界の人たちに関する情報は出てきません。
(調べ方が悪いのかも知れませんが・・・)


話が長くなりましたが、

私が言いたいのは政治学者のように知識豊富でなくても、一度本を見たら全て頭に入ってしまうような天才でなくても、

マスコミの嘘や偏りを見破ることは出来るということです。

そして、私だけでなく多くの人が私と同じように考えていると思うのです。


おそらく、マスコミの偏向報道を見破ることが出来ないと考えているのは、

カルト信者の中でも学歴が高いエリートカルトなんじゃないでしょうか。

そしておそらく、そういう自分達でも見抜けないのに、お前らなんかに見抜ける訳がないとでも思っているのでしょう。

そういう分からず屋なんだろうから話をしても仕方がないのです。



■追伸

マスコミの報道に対する不信感は社会人になってさらに強くなり、確信になりました。

その理由は企業はスポンサーや客の言うことを無視できないものだと分かる事態に数多く直面したからです。

報道機関と言えど、私企業であれば同じです。

マスコミの報道が公正なはずなどなく、マスコミはスポンサーと視聴率のために報道するものです。



関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
よろしければクリックお願いします

プロフィール

たなかまる

Author:たなかまる
ソーシャルストーキングの被害者です。春日部市在住。様々なテストの結果で確認できた現実のソーシャルストーカー(集団ストーカー)と嫌がらせを扱っており、思考盗聴等の奇想天外なテクノロジー犯罪や都市伝説的なものは扱っておりません。ちなみに、自分の目で見て、耳で聞き、足で歩いて実際のものを確認すること、現実・常識・良心を大切にすることがモットーです。