ソーシャルストーカー in 埼玉

ソーシャルストーカーを撲滅し、何人も不当に自由を拘束されたり、侵害されたりしないようにするために、このブログを立ち上げました。このサイトはリンクフリーです。


■アメリカン・ホラー・ストーリー最新シーズン



アメリカン・ホラー・ストーリーの最新シーズンはカルトが題材になっているようです。

まだ放送されていないので私も詳しい内容は知らないのですが、米国では今年の9月から放送されるようです。

日本でも来年辺りに視聴できるのではないでしょうか?

ちなみに、制作側は昨年の米国大統領選にヒントを得てカルトを題材とすることを思いついたようです。

個人的には日本のカルト宗教を題材としてもらいたいと思いますが・・(笑)。



■カルトについて

カルトってどういう人たちか?などと今さら論じる必要もないと思いますが、

まず思い浮かぶのはかなり自由を制限された生活を送っていそうだということです。

普通の人とは異なり一人で行動することを許されていなさそうだとか、

ネットは見ちゃいけないとか新聞は見ちゃいけないとか言われてそうだとか、

もちろん旅行やその他娯楽も色々と制限されていそう・・・そんなイメージを持ってます。


そして、何より内に潜む異常性とか暴力性のようなものが挙げられるでしょう。

法を犯して人を拉致したり、暴行を試みたりするのを厭わない・・そんな性質を持っていると思います。

もちろん常識など通じるはずもない。


ところで、よくソーシャルストーカーにはカルト信者以外の普通の人も参加しているという話を耳にしますが、

参加者を尾行してきた私の経験から確かにそういう人間がいることも事実です。

しかし、もう一歩深く踏み込んでそういう連中を調べてみると、大抵がカルト宗教とつながりのある人間です。

カルト信者と一緒に出かけたり、新聞を購読していたりして、弱からぬ繋がりを持っています。

ですから、純粋な「普通の人」とは言えないでしょう。

私はそういう連中は「普通の人」等ではなく、カルト信者の予備軍と分類しています。



■マスコミの武器である支持率

話は変わりますが、ちょっと前まで「支持率」という言葉がよくニュースに出ていました。

お気づきになっている方が多いとは思いますが、この「支持率」という言葉はマスコミが政権を攻撃する武器になってます。

支持率が急落したと騒ぎたてて大統領や総理を政権から引きずり降ろそうとしたり、

望まない政策を撤回させるための手段として使っているように見えます。

大統領や総理は選挙で当選すると一定の期間は政権を維持することが保証されています。

ですので、政権が不人気になっても制度的にはそのまま居座り続けることが可能です。

そこで支持率が急落しただの何だの騒ぐ。

しばらく支持率が急落したと騒ぎ続けていると与党の議員は次の選挙で落選するかもしれないと思い始めます。

それでは困るからあいつを政権の座から引きずり降ろそうかとなる。

過去にもそういう構図が何度か確認できました。


少し前にも安倍政権の支持率が下がったという話が頻繁に出てました。

で、その後、閣僚を変えたら支持率が急上昇したとなりました。


こういうのを見ると、ある集団があって、それが現政権の閣僚に入れたい政治家がいて、

マスコミを使って安倍政権に圧力をかけていたのではないかと思ってしまいます。


「支持率」というと一見民意を反映しているような言葉ですが、それはマスコミが政権を攻撃する単なる武器となっている・・

私はそう思っていますし、私と同じように思っている人が少なくないはずです。



関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
よろしければクリックお願いします

プロフィール

たなかまる

Author:たなかまる
ソーシャルストーキングの被害者です。春日部市在住。様々なテストの結果で確認できた現実のソーシャルストーカー(集団ストーカー)と嫌がらせを扱っており、思考盗聴等の奇想天外なテクノロジー犯罪や都市伝説的なものは扱っておりません。ちなみに、自分の目で見て、耳で聞き、足で歩いて実際のものを確認すること、現実・常識・良心を大切にすることがモットーです。