ソーシャルストーカー in 埼玉

ソーシャルストーカーを撲滅し、何人も不当に自由を拘束されたり、侵害されたりしないようにするために、このブログを立ち上げました。このサイトはリンクフリーです。


6a843a0bbfd460b802833169c9959d6b_s.jpg

先日まで旅に出てました。

旅に出ると今までとは異なる視点でものを見るので色々と勉強になります。

違った土地、違った文化、違った人々、違った言葉・・等々。

もちろん、危ない目に遭いたくはないので日本と仲の悪い国には絶対に行きませんが、

日本と仲のいい国、日本人をよく思ってくれる国、日本人を悪く思わない国、

そんな限定された範囲の中ででも、普段と違う場所に行くと色々と勉強になります。


旅行や海外旅行に限らず、色々な所に行ってみると視野が広がり、それまで見えなかったものが見えてきます。

それはソーシャルストーカーというものに対してもそうです。

他人の言っていることを鵜呑みにして幸せでいるのなら私のブログは読む必要がないのでしょうが、

そうでない不特定多数の方々のために私の経験を参考にしてもらおうと思って書いています。


①飲食店での嫌がらせ

ソーシャルストーカーではよく飲食店で嫌がらせを受けると言いますね。

私もそういう経験があります。

しかし、実際にどんなものだろうと思い、年間で100軒以上の飲食店に入ってみました。

100軒以上の飲食店になんか入れるのか?と思うかもしれませんが、

毎日違うお店で昼食を取るだけで年間100軒以上の飲食店に入ることが可能です。


都心の職場に通えば、飲食店は星の数ほどありますから、

毎日違う店で昼食を食べるだけで年間100軒以上の飲食店を見ることができます。

入ってみた感想としては、確かに意図的に嫌がらせをしてくるお店はあるのですが、

ホントに極少数です。


あまり気負うことなく、半分食べ歩きのつもりで回っていたのですが、

最初の一時期はつきまといのような連中は来ていましたし、

何かの事件があるとつきまとってきたりはするのですが、

まぁご苦労さんだなと思います。


今となっては、何かグルメ通になってしまったかなという感じと、

ソーシャルストーカーでわざわざ来させられる奴は哀れだなという感想を持ってます。

嫌なこともそれ相応に経験しましたが、いいこともたくさん経験しました。



②色々なホテルや旅館に泊ってみる

ソーシャルストーカーの検証のためではないのですが、色々なホテルや旅館に泊りました。

ホテルも露骨な嫌がらせをやってくるところが極まれにあります。

しかし、必ずしもソーシャルストーカーに関係はしてないのだなという感想です。

もちろん、つきまとってくれば嫌がらせを受けるわけですし、そういう連中もいます。

しかし、何か嫌な扱いを受けたからといって

それが全てストーカーがらみではないと気づくことが多々ありました。

そして何より楽しい思いができました。



③色々な人を見てみる

一時期やっていたのは、新興宗教に入る奴はどんな顔をしているのだろうと思い、

そういう人をみつけては顔や格好を見てみるということを繰り返していました。

頼まなくても近づいてきてくれていたのでかなりの数を見ましたね(笑)。

後はポスティングの時に見るとか、散歩中に見るとかしていました。


貧相な奴ばかりかと思ったのですが、必ずしもそうではなく、

結論としては外見から見分けることはほぼ不可能という当たり前の結果に終わりました(笑)。



■視野を広がると見えてくるものがある

これ、当たり前と言ったら当たり前のことなんですけどね。

しかし改めて実感します。

色々な所に行き、色々な人に会い、色々なことをする・・・。

行動範囲が広がり、色々な経験が蓄積され、視野が広がる。

そうすると見えてくるものがある。


よくテレビや新聞を見ると悪いものに洗脳されるから見るなという話を聞きますが、

洗脳されたくないのならそれこそ色々なテレビ、新聞を見るべきではないかと思うのです。

多読、多視聴こそ洗脳を防ぐ唯一の手だてではないでしょうか。


それと同じで、

ソーシャルストーカーも行動範囲を広げて、色々な人と出会い、色々なモノを見て、色々な経験をすると、

少し違った観点から見えるようになります。


それで全くソーシャルストーカーが雲散霧消するというおとぎ話チックなことではないのですが、

違った観点から見えるようになります。

じゃぁどんな風に違うのか、

それは人によって違うので何とも言えません。

しかし、いずれにせよ、その人の行動が見えるものに反映されるのではないでしょうか。


ちなみに、私から見たソーシャルストーカーの世界は、狭い所で何かこちゃこちゃやってるなという感じ。

集団でつきまとい、嫌がらせをしている連中は確かにいます。

しかし、それはもしかしたらネットで広まっている集団ストーカーというものとは実態が異なるかもしれません。

そして、そういったものに参加させられている人たちは家畜扱いされていることに気づかず、

その組織も未来的なものや発展的なものには到底見えません。

そんな感じですかね。



PS:
一定数の人が私のブログを見てくれているようですが、

最近見ている人はおそらく周知活動をしたことがない、ブログを書いたことがない人達でしょう。

私がブログに書いている内容が周知活動をしている人向けとはまた違うからです。





関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
よろしければクリックお願いします

プロフィール

たなかまる

Author:たなかまる
ソーシャルストーキングの被害者です。春日部市在住。様々なテストの結果で確認できた現実のソーシャルストーカー(集団ストーカー)と嫌がらせを扱っており、思考盗聴等の奇想天外なテクノロジー犯罪や都市伝説的なものは扱っておりません。ちなみに、自分の目で見て、耳で聞き、足で歩いて実際のものを確認すること、現実・常識・良心を大切にすることがモットーです。