ソーシャルストーカー in 埼玉

ソーシャルストーカーを撲滅し、何人も不当に自由を拘束されたり、侵害されたりしないようにするために、このブログを立ち上げました。このサイトはリンクフリーです。


時々被害者の方からポスティングのお誘いや依頼を受けます。

しかし、どうポスティングをするのか?、何のためにポスティングをするのか?

といったことが不明確なため、お断りをしています。


ポスティングは簡単にできる周知活動ですが、

ポスティングを始めた頃の私のように何も考えないでただ撒いているだけだと

ダイエット以上の効果は見込めません。

まぁダイエットのためにポスティングをするというならそれもいいのですが・・・(笑)。


ということで、

今回はどのように撒くと効果的に周知できるのか?について書こうと思います。



1. ポスティングの目的

まず一番大切なのがこれです。

何を目的としてポスティングをするのか?です。

そりゃぁ集団ストーカー犯罪に関して周知するためだろ?とお思いになるかもしれません。

その通りです。


では、質問を変えます。

貴方はチラシの読み手にどのような行動を期待してポスティングをするのですか?。

この点をきちんとしないとポスティングはダイエットで終わってしまいます。


私の場合、以下のことを目的としてポスティングをしていました。


 ①読み手がネット検索をしてくれて、自分のブログを読んでくれる

 ②そしてブログのリピーター読者になってくれる


集団ストーカーについて周知をするという以上、最低限、チラシを読んでくれて、

集団ストーカーの概要について知ってもらわなければなりません。

ただし、チラシには概要程度のことしか書けません。

ではよく知ってもらうにはどうするのか?。

一番確実なのは、自分のブログを読んでもらうことでしょう。

誰かのブログでは本当に自分が知ってほしいことを知らせてくれるか分かりません。

だから、以下の2点を目的としました。


 ①読み手がネット検索をしてくれて、自分のブログを読んでくれる

 ②そしてブログのリピーター読者になってくれる



2. チラシ投函のやり方

次に大切なのが目的を達成するためにどうチラシを投函して行くのか?です。

目的は読み手がネット検索をしてくれて、自分のブログを読んでくれて、

自分のブログをしばしば読みに来てくれる読者=リピーター読者になってくれることでした。


この目的を達成するためにはどのようにチラシを投函して行けばいいのでしょうか?。

方法は色々とありますし、注意する点も様々ですが、私は以下の点を挙げています。


 ①必ず自分で行うこと
 ②継続的に同一地域、隣接地域に投函して行くこと
 ③オカルトや摩訶不思議な内容のチラシにしないこと
 ④自分のブログのアドレスを入れること
 ⑤ブログやツイッターにポスティング報告を書くこと
 ⑥あまり熱心に説明しないこと




①必ず自分で行うこと

これは大原則です。自分で行わなければ何の意味もありません。

また、街宣と異なり、ポスティングは自分で手軽にできる周知活動です。

自分1人ででもポスティングできるということをストーカー集団に見せることも重要です。




②継続的に同一地域、隣接地域に投函して行くこと

ある地域にスポット的に撒いてもあまり意味はありません。

チラシを受け取った側からすれば、その時は読むかもしれませんが、

ほとんどの人はその場で忘れてしまうか、読むことすらしないでしょう。

なので、ある地域に1回だけ撒いたとしても、数日後には忘れられています。

だからこそ、

同一地域、隣接地域に対して継続的、断続的にチラシを投函する必要があります。

こうして撒いて行かなければチラシを読む人はいませんし、増えて行きません。



③オカルトや摩訶不思議な内容のチラシにしないこと

これはすぐにお分かりいただけるでしょう。

このような内容のチラシを受け取っても読んでくれる人はいませんから。

ちなみに、これはブログにも言えることです。

せっかくチラシを投函してブログに読者を誘導しても、

肝心のブログの内容がオカルト、摩訶不思議な内容ではリピーター読者どころか、

読者にもなってくれません。



④自分のブログのアドレスを入れること

私はあえてこれはやっていませんでしたが、

確実に読者を自分のブログに誘導したいのであれば、

自分のブログのアドレスを周知チラシに掲載しておくべきでしょう。

ただ、チラシの読者は自分の地域の被害者のブログを読みに行く傾向があるので、

必ずしもこれは必要ないかもしれません。



⑤ブログやツイッターにポスティング報告を書くこと

ブログやツイッターにポスティング報告を書くことは重要です。

なぜなら、ポスティング報告でどの辺の地域に撒いたということを書いておけば、

チラシの読者がそのブログを読んだ時に自分の地域に撒いていることを知るからです。

また、読者が検索をした時に検索に引っかかりやすくもなります。

なので、ポスティング報告をブログに書くことは重要です。

チラシを撒く効果を倍加するものと私は考えています。

できれば、地域の写真や動画を一緒に掲載するといいでしょう。

ちなみに、私の場合は地域名よりも動画や写真を多く掲載しました。



⑥あまり熱心に説明しないこと

ポスティング中にチラシを見て質問をしてくる人がいます。

こういう人に対してどう接するのか?、親切に答えるのがいいのか?・・。

私はあまり熱心に説明しない方がいいと思います。

しゃべりに自身のある方ならいいでしょうが、大抵の被害者さんはそうでないでしょう?。

それに説明しようとしていることはすぐに理解してくれるような簡単なことではありません。

だから、あまり熱心に説明せず、

詳しいことはチラシを読んで、ネットで検索して見てください等と言って

早めに切り上げるようにした方がいいでしょう。


また、質問してくる人もいい人ばかりではありません。

脚を引っ張るために質問をしてくる人も少なくありません。

私の場合は、

質問するフリしてイチャモンつけて嫌がらせをしようとしていると思われる輩

によく遭遇しました。


そういうのは小さなアパートが多かったですね。

見ると分かるので、最初から相手にはしませんでしたが・・・(笑)。



3. 最後に

ポスティングをするのが集団ストーカー犯罪を周知するためなのであれば、

チラシを読んだ読者を自分のブログに誘導し、

リピーター読者になってもわなければなりません。

逆にこの流れが完成してしまえば、いつまでもポスティングをする必要はありません。

そのためのポスティングであり、ブログの内容であり、報告記事なのです。

そして、私はこの方法により、以下の通り、ブログの順位を上位にすることに成功しました。

現在も記事を書いた時は上位に上がります(これ以降は上がらないかもしれませんが・・)。

なので、この方法は現実で結果の出た実績のある方法です。


ブログ順位2


それと枚数についてよく聞かれます。

枚数についてはその地域それぞれでしょう。

人口の密集している地域ならたくさん撒く必要があるでしょうし、

逆に少ない所ならそれ程撒けないでしょう。

自分でチラシを撒いてみて、ブログのアクセス数を見て、

そして検証していかないと分からないことです。


その他の細かいことはご自身で実践し、試行錯誤して知るべきです。

なぜなら、撒く人によって、撒く地域によって異なるからです。

私の書いたことが全てではありません。

ご自分のノウハウを構築して、ご自身の未来を切り開くべく頑張って下さい。



PS:

なお、被害者団体で行われるポスティング大会はこのやり方とは異なりますが、

あれは被害者間の団結や参加者のポスティング活動のきっかけ作り等が目的なので、

このやり方と違うから意味がない訳ではありません。




関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
よろしければクリックお願いします

プロフィール

たなかまる

Author:たなかまる
ソーシャルストーキングの被害者です。春日部市在住。様々なテストの結果で確認できた現実のソーシャルストーカー(集団ストーカー)と嫌がらせを扱っており、思考盗聴等の奇想天外なテクノロジー犯罪や都市伝説的なものは扱っておりません。ちなみに、自分の目で見て、耳で聞き、足で歩いて実際のものを確認すること、現実・常識・良心を大切にすることがモットーです。