ソーシャルストーカー in 埼玉

ソーシャルストーカーを撲滅し、何人も不当に自由を拘束されたり、侵害されたりしないようにするために、このブログを立ち上げました。このサイトはリンクフリーです。


①2014年を振り返って

明けましておめでとうございます。

年末年始になると私は過去一年間を振り返ってみたりしますが、

集団ストーカーに関係することで去年の一番の出来事と言えば、

やはりNHKの特報首都圏で非恋愛型のストーカーについて放送されたことでしょう。

NHK特報首都圏 ストーカー埋もれた被害
http://www.nhk.or.jp/tokuho/program/140801.html

現状はストーカー規制法がストーカーの取り締まり対象を

男女関係に起因したいわゆる恋愛型ストーカーに限定してしていることから、

非恋愛型ストーカーについては警察に相談しても対処してもらえません。

しかし、それでは世の中の実情に合わないことから、

社会的に非恋愛型ストーカーへの対応が望まれ始め、

このような番組が放送されるようになってきています。

この流れは今後も続き、

恋愛型ストーカーに限定した現行のストーカー規制法はいずれ改正されるでしょう。

そして、そういった流れをつぶさないためにも、

世間に理解されるような周知活動が必要であるのは言うまでもありません。


②おびき出し作戦で因果関係を調査

個人的には、

去年はそれまで行ってきた集団ストーカーに対する観察の結果が出た年でした。

片目車両おびき出しテスト」がその代表的なものですが、他にも色々とやっております。


そのうちの一つが被害者の情報と集団ストーカー行為の因果関係の調査。

これは、いわばおびき出し作戦です。

例えば、「支配的ポジションを確立して洗脳」の第二章「実はウソを仕込んでいます」で

申し上げたこともその一つ。

「妊婦さんが気になる」とブログに書いて、俗に言う妊婦工作員をおびき出してみる。


ストーカー集団が私のブログを見て、「コイツ、妊婦が気になるんだな」と考える。

そして、「じゃぁ妊婦を目の前に頻出させてやろう」と決断し、

私の周辺に代わる代わる妊婦を出没させる・・・。

結果、妊婦さんが目の前に頻出したり、

妊婦の画像等がツイッター、ブログ等のネット上に頻出すれば、

私が想定したことが起きている証明になります。


結局、ネット上には頻出しませんでしたが、

私の周辺には頻出する結果となり、想定通りになりました。



③記録映像を撮るために別のおびき出し作戦を実施

ただ、この時は記録映像を撮りませんでした。

しかし、それだと説得力に乏しい。

そこで別のテストを行って記録映像を撮ってみました。


どんなテストをしたのかというと、

それはブログに「女性被害者との繋がりを断ってます」等と書いてみること。

以前から「女性被害者との繋がりを断ってます」とか、

「女性被害者とは交流していません」等とブログやツイッターに書くと、

私の周辺でイチャイチャするカップルが頻出する現象が起きていました。


ストーカー集団は私のブログを見て

「女性被害者とは交流していません」等と書いてあると

イチャイチャするカップルを私の周辺に頻出させる・・・

そう仮定しました。


そして、2014年12月6日に「被害者を分類してみた」の記事にその文言を書き、

イチャイチャするカップルを目の前におびき出してみて、記録を試みたのです。

するとやはりそういったカップルが頻出しました。

20141208現象1

まずは上の画像の通り、ブログを書いてから2日後の12月8日の7時50分頃の電車内。

混んでない鉄道車両の連結部分に入ってみて待機していたところ、

わざわざこの連結部分に入って来て、朝っぱらからこのようなことをするカップルが出現。


この場所がそういう行為が頻繁に行われる場所であるかどうかを調査をするため、

日を変えて何度かこの鉄道車両の連結部分に乗りましたが、

そこでこういったカップルがいたのはこの時のみでした。


さらにはこちら。



寒い中、わざわざご親切に私の車の前の横断歩道で止まってくれています(笑)。


記録映像として挙げるのはこれだけですが、もちろんこの他にもありました。

また、わざと視界に入らないような位置に立ったらカップルはどういう行動に出るのか、

無理して視界の中に入ってくるのか等も試しております。


面白いのは、私が気づかないと、私をじーっと見ながら●×プレイまがいのことをしている

女性を何度か見たことです。


別にストリップまがいのことをするカップルを気にして生きている訳ではないので、

記録のためのおびき出し作戦をやっていることを忘れ、

普通に通勤してしまう日も多かったのですが、

ふと気づくと、女性が私の方をじーっと見て視線を送ってきているのです。

しかも、相手の男性にベタベタして、ほとんど●×プレイまがいの状態で(笑)。


まさか私も混ぜて三人で・・・なんてことを考えている訳でもないのでしょうが(笑)、

そんなスケベで不思議なカップルの女性を何度か見ました。

これは、調査を忘れていてイチャイチャしているカップルになかなか気づかない私に対し、

何とか気づかせるためにやっていたのではないかと考えています。



また、私がワザと視界に入らないような位置に移動すると、

わざわざ視界の中に入って来ようとするカップルにも何度か遭遇しました。

ある時等はわざとあちこち移動してみたのですが、

私が移動する度につきまとってきて、寒い中ご苦労さんだと思ったものです(笑)。



こういった一連のテスト、経験から、

私のブログに「女性被害者とは交流していません」等と書くと、

ストーカー集団がイチャイチャするカップルを私の周辺に頻出させる・・・

という私の仮定は正しかったと考えます。



③理由についての考察

私が「女性被害者との繋がりを断ってます」とか、

「女性被害者とは交流していません」とブログ等に書くと、

ストーカー集団は何故イチャつくカップルを私の周辺に頻出させるのか?、

その理由については分かりません。


ただ、ストーカー実施集団は私たち被害者の発言内容やブログ、ツイッターの内容に対し、

何らかの解釈をして、つきまとい、待ち伏せ、ストリートシアター行為を行っているようです。


そして、ストーカー実施集団が新興宗教関係であるならば、

その解釈は極めて特殊で非一般的なものになるでしょうから、

理由など分かるはずもないでしょうし、分かる必要もないとは思います。



④いわゆるカップル工作員について

きちっとした調査報告のつもりがちょっと変な感じになってしまいましたが(笑)、

こういうのって新興宗教の信者か出会い系のサクラが参加してやってるのではないかと思います。


新興宗教であれば勧誘目的でしょう。

異性信者をエサに入信させれば教団にお金を振り込んでくれますから。

また、入信しなくても、

信者の女と結婚させれば旦那の稼ぎを奥さんが教団に振り込んでくれますし、

働かない旦那であれば保険金をかけて殺してしまえばいいだけです。

実際それくらいのことやりかねないでしょう。


一方、出会い系はもっと明白。

入会してもらい、いいカモになってもらう。

そんな目的でつきまとっているのではないかと思います。

やっているのは新興宗教か出会い系なんじゃないですかね。




関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
よろしければクリックお願いします

プロフィール

たなかまる

Author:たなかまる
ソーシャルストーキングの被害者です。春日部市在住。様々なテストの結果で確認できた現実のソーシャルストーカー(集団ストーカー)と嫌がらせを扱っており、思考盗聴等の奇想天外なテクノロジー犯罪や都市伝説的なものは扱っておりません。ちなみに、自分の目で見て、耳で聞き、足で歩いて実際のものを確認すること、現実・常識・良心を大切にすることがモットーです。