ソーシャルストーカー in 埼玉

ソーシャルストーカーを撲滅し、何人も不当に自由を拘束されたり、侵害されたりしないようにするために、このブログを立ち上げました。このサイトはリンクフリーです。

画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画像

今月、タイに行ってまいりました。

行ってきたのはバンコクとプーケットの二か所だけなので周遊という程ではないのですが、

まぁちょこちょこっと行ってきました。


私は1人で旅行をするのが好きです。

1人でそれまで行ったことがない所に行き、それまで会ったことのない人と話す。

見たこともないものを見る、したことがないことをしてみる・・・。

狭い世界に籠っているのではなく、たまには広い世界を見てみる・・・

そんなことをして見分を広げると、

それまで見ていたものがまた違った感じで見えてくる・・そんな風に思ってます。




こちらはバンコク・エアポート・レイル・リンク。

バンコクのスワンナプーム国際空港からバンコク中心部までを20~30分で移動できます。

けっこう快適な乗り物で、スムースに移動できました。





鉄道と言うとこちら、バンコク・スカイトレイン。

高架鉄道ですが、

特に駅なんかは近未来を感じさせるような駅もあり、非常に興味深いです。

このスカイトレイン、一日周遊券を駅で購入できるので、

それを買ってこのスカイトレインの全ての路線を乗ってみました。





こちらはそのバンコク・スカイトレインの車内。

近未来を感じさせる乗り物と言ったら褒め過ぎでしょうか。

私にはそんな風に思えました。





乗り物と言えばこちら。プーケットのローカルバス。

バンコクの鉄道とは対照的ですが、そこがまたいい感じです。

約7年ぶりに乗りました。





こちら、そのローカルバスの運転中の風景。

のどかな感じで走っています。





運賃徴収は人力です。

こんな感じで運転手さんが時折車を止めて、直に運賃の徴収をします。

のどかです!。






食事も色々と行ってみました。

こちらは高級タイ料理のレストラン。

店内にはアンティークのようなものが内装で飾られていますが、

こちらのお店自体も築100年くらいの豪勢なコロニアル様式という様式の建物です。


しかし、有名なお店なだけあって、お客も様々。

日本人、中国人、韓国人、さらには西洋人と色々な国の方が来ています。

その中で、来ていた韓国人集団の下品さは特筆すべきものでした(笑)。

撮影していないのでお見せできないのが残念ですが。





またこんな感じの屋台にも行ってみました。

バンコクに詳しい人の話だと、屋台というとまさにタイという感じがするらしいです。

安くて美味しいという感じでした。



それと1つ変わった経験をしました。

それは、海に入っていた時に溺れている人に遭遇したことです。

しかもボードを掴みながら。


何でボード掴みながら溺れているんだろうと思ったのですが、

Help! Help!と言っているので、とりあえず助けることにしました。

溺れている人に手を掴ませると自分も溺れるというので、

その人の近くに位置しながら岸まで誘導することにしました。

日頃の練習の甲斐もあってか私の拙い英語も一応通じ、

彼も私も溺れることなく無事に誘導することができました。

それと、詳細は書きませんが、無事に済んだのは、

若い頃に私を訓練してくれた空手と少林寺の先生方のおかげだと思いました。


こんな感じで色々な所を回り、それまで会ったことのない人たちと話をしてきました。

他愛無いことかもしれませんが、こういうことが自分の視野を広げたりして、

自分にとっていい刺激になっています。


しかし、もちろんいいことばかりではありません。

特に今回は色々とハプニングがありました。

ただ、そういったものも乗り越えて楽しむことができました。

色々とあっても乗り越える力を養い、乗り越えていきたい、

そういう自分になるようにこれからも精進したいと思ってます。

もちろん、周知活動も。





関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
よろしければクリックお願いします

プロフィール

たなかまる

Author:たなかまる
ソーシャルストーキングの被害者です。春日部市在住。様々なテストの結果で確認できた現実のソーシャルストーカー(集団ストーカー)と嫌がらせを扱っており、思考盗聴等の奇想天外なテクノロジー犯罪や都市伝説的なものは扱っておりません。ちなみに、自分の目で見て、耳で聞き、足で歩いて実際のものを確認すること、現実・常識・良心を大切にすることがモットーです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。