ソーシャルストーカー in 埼玉

ソーシャルストーカーを撲滅し、何人も不当に自由を拘束されたり、侵害されたりしないようにするために、このブログを立ち上げました。このサイトはリンクフリーです。

画像

先日、デンチョウさんが個人的な事情で九州に引っ越しすることが分かりました。

デンチョウさんがどんな会社に勤めているかも私は知らないので、

本当のところ、彼がどんな人なのかは知りません。


しかし、彼とは集団ストーカーの勉強会、街宣、ポスティング等、多くの場面で一緒に活動しました。

また、スカイプや飲み会でも何度も話し合いました。

そういった一連の活動、話し合いから、デンチョウさんの切実さは伝わってきましたし、

私も同じような環境にいるようなので彼の主張は理解できました。


ともすれば、よく知り得ない人同士の集団ストーカー被害者の中で、

人間関係を保ちながらやってこれたのは、やはりスタンスが近いということだと思います。

それは人間関係に対するスタンスであったり、集団ストーカーに対するスタンスだったりします。


どう人と関わって行くか、

どういうものを集団ストーカー被害と認識するか、

どういう人たちを集団ストーカー加害集団と認識するか、

そして、それにどう対処していくか。

こういった基本的な所がしっかりしていて、

しかも共通していないと関係を保てないのは私が言うまでもありません。


そして、デンチョウさんはそういったスタンスが極めて近い人の1人でした。

だから、多分に影響を受けたのかもしれません。

九州に行っても頑張っていただきたいと思います。


そして、この場を借りて、私のスタンスを再度表明させていただきます。


①集団ストーカーについては陰謀論チックなもの、都市伝説チックなものは当然扱わない

②テクノロジー犯罪については欧米で法規制されているもののみの存在を認める

③ しかしながら、機械等で実演してその再現性が確認できた場合は存在を認める


ポイントは現実性と実在性です。

できるだけ現実的に考え、大事なことは実在を確認すること、

それが混乱を減らし、問題の減少・解決に繋がると思っています。





追伸:
最近、噂話はこの逆なのではないかと思ってます。

人間、噂話は大好きで、人の口に戸は立てられません。

被害者と言えどこの点については同じです。

しかし、それが問題解決に繋がるならいいのですが、

実際は問題解決から目をそらし、被害のループに陥らせてるのではないかと思います。


以前は人と話をしていて噂話が立ち上がると、

共通の趣味とか話題がないんだなぁとか、

手っ取り早く入り込みやすい話題を出してるのかなと思ったものですが、

実際は問題解決から目をそらすものではないかと思います。





関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
よろしければクリックお願いします

プロフィール

たなかまる

Author:たなかまる
ソーシャルストーキングの被害者です。春日部市在住。様々なテストの結果で確認できた現実のソーシャルストーカー(集団ストーカー)と嫌がらせを扱っており、思考盗聴等の奇想天外なテクノロジー犯罪や都市伝説的なものは扱っておりません。ちなみに、自分の目で見て、耳で聞き、足で歩いて実際のものを確認すること、現実・常識・良心を大切にすることがモットーです。