ソーシャルストーカー in 埼玉

ソーシャルストーカーを撲滅し、何人も不当に自由を拘束されたり、侵害されたりしないようにするために、このブログを立ち上げました。このサイトはリンクフリーです。

画像

このブログのタイトルを「集団ストーカー」から「組織的なストーカーと嫌がらせ」に変えました。

以前から「集団ストーカー」という言葉は実態を具体的に反映している言葉とは思えませんでした。

なので、ちょっと変えてみました。

ただ、「組織的なストーカーと嫌がらせ」という言葉も十分に具体性があるとは思えず、

言葉を代えてみたものの、まだしっくりこない感じです。


このような用語選びは私自身の考え方が大きく影響します。

私は自ら行った様々なテストにより、私への集団による組織的つきまといと嫌がらせ、

すなわち組織的なストーカー、集団ストーカーの存在は確認しています。


しかし、ハイテク機器を使った嫌がらせ、いわゆるテクノロジー犯罪については、

欧米で法規制されているものについては存在を否定しないという立場をとっています。


そして、ハイテク機器により人の考えを盗み見ると言われている思考盗聴、

同じく、ハイテク機器による感情操作や行動操作(操られた、乗っ取られたという類の話)、

その他非科学的・超常的と思えるものについては存在するとは思ってませんし、思えません。


この考えは組織的ストーカーに気づき、このブログを立ち上げた当初から変わっておりませんし、

変わるはずもありません。

事実、このブログを立ち上げて10ヶ月後の2011年5月には、

以下の記事をアップして私なりの考えを述べさせていただいております。

人の行動予測はそれほど難しくない


小難しく書いておりますが、

要するに人の行動にはパターンがあり、そのパターンに沿って行動している部分がかなりあるので、

人の行動を丹念に調べていけば、ある程度の行動予測が可能ということを言っています。

ですので、人の思考を機械で盗み見ることなどあり得ないと思ってます。


もちろん、実際にそのような機械を使って目の前で実演されれば少しは信じるかもしれませんが、

おそらく、しばらくはどこかにトリックがあるはず・・と疑い、機械や実験した人間を調べるでしょう。


これは私が疑い深いというのではなく、ごく一般的な人間の考え方だと思います。

不思議なものがあっても、裏にトリックがあるとか、何かすごい仕組みがあるはずと皆さん考えます。

私もそんな一般的な人間です。

ですので、こんなテストも行いました。

片目車両おびき出しテスト


こんな感じですので、不思議な機械に操られたとか乗っ取られたという類の話も信じません。

もし本当に言動を操られたり、意識を乗っ取られたりするのであれば、私ならば心理工作を疑います。


実際、テクノロジー被害を訴える方で突如キレたりする人たちは、

それ以前に色々な情報を他の人から吹き込まれていた形跡があることを確認しています。

混乱させられるような話、頭に来るような話を聞かされてキレてしまったか、

もっと他の嫌がらせをされてキレるように誘導されてしまったのではないかと考えてます。


また、組織的なストーカーのストーカー参加者たちの言動を観察していると、

実にいろいろな心理的な工作を行っていることが分かります。

それは被害者を怒らせたり、混乱させたり、悲しませたり、心配させる彼らの言動です。


しかし、そういった心理的な工作に気づかずに、

不思議な機械によって気持ちや言動が操られていると思い込み続けるとすれば、

永遠に心理的な工作の餌食になり続けます。

それが組織的なストーカーの被害のループなのではないか?・・そんな風に考えてます。





関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
よろしければクリックお願いします

プロフィール

たなかまる

Author:たなかまる
ソーシャルストーキングの被害者です。春日部市在住。様々なテストの結果で確認できた現実のソーシャルストーカー(集団ストーカー)と嫌がらせを扱っており、思考盗聴等の奇想天外なテクノロジー犯罪や都市伝説的なものは扱っておりません。ちなみに、自分の目で見て、耳で聞き、足で歩いて実際のものを確認すること、現実・常識・良心を大切にすることがモットーです。