ソーシャルストーカー in 埼玉

ソーシャルストーカーを撲滅し、何人も不当に自由を拘束されたり、侵害されたりしないようにするために、このブログを立ち上げました。このサイトはリンクフリーです。

画像

先日、ある被害者の方から連絡がありまして、ポスティング大会が続けて行われることを知りました。

関東ではACPが、関西の被害者団体もポスティング大会を行うようです。

また、個人の被害者の方でもポスティングしている方が増えているようです。


ポスティングが一番で他の周知活動は全くダメなどとナンセンスなことを言うつもりはないですが、

ポスティングは周知媒体が相手の手元に残るので、とてもいい周知手段だと思います。

また、自分が仕事等で周知活動ができない、しずらい時に誰かしらが周知してくれてるというのは、

非常に助かることだと思います。


1.ポスティングでの注意点?

ポスティングは誰でも簡単にできる周知手段なので、特に注意する点などはありませんが、

強いて言えば、以下の3点を注意したいところです。

1.挑発されても絶対に応戦しないこと
2.家の敷地奥には入らないこと
3.相手に話しかけられても、深く話込まないこと


この中で一番重要なのは、やはり1の『挑発されても絶対に応戦しない』ということです。

一見簡単そうに見えますが、余程注意していないと、ちょっとしたことで応戦してしまいます。

なぜなら、敵もこちらがカーッとなるように仕向けてくるからです。


例えば、足立ポスティング大会では、住人が説明も聞かず端からケンカ腰だったようです。

横浜港南区ポスティング大会の時はマンションへの投函を管理人が許可した後で一転。

こちらの身分証明書を見せないなら投函したチラシを全て抜き取って帰れと言われたり、

ポスティング中に変な雰囲気を漂わせてる愚連隊風の集団が我々の近くに頻出。
(この時はある参加者の方の機転でその集団との接触を避けました)


逗子ポスティング大会ではポスティング終了後にマックで話をしていたところ、

隣の席に立て続けにかばんを投げつけてきた高校生集団が出現。

私と女性被害者1人の2名しかいなかったので、女性被害者の安全を確保するために、

その集団に対し口頭注意を行わざるを得ませんでした。
(集団が謝罪したので一応許しました)

個人でのポスティングでも、以下の動画のように、春日部で殺人未遂車両に遭遇。




こんな風にポスティングといっても色々とありました。

普段はケンカなどしないぞと思っていても、相手はこちらが暴発しやすい時を狙ってきます。

ポスティング大会に向かう途中で何かあった後、

他の参加者とのトラブルの後、

暑さで汗だくになりヘトヘト状態、喉が渇き、空腹も重なっているような時、

この人日本語通じないんじゃないの?と思われるようなカルト工作員からの無理難題、

危険運転車両・・等々、敵はこういった時を狙ってきます。

敵の挑発に乗って応戦しないようくれぐれも注意したいものです。


ただ、こんな風に色々と敵が仕掛けてくるとしても、常に集団でいるようにすれば大丈夫です。

危険運転車両もたまに出没しますが、殺されたりはしません。

その証拠に私はこうして生きています。


集団ストーカーのチラシもずいぶん配りましたし、ポスティング大会もやりましたが、

こうして無事に生きています。


敵は挑発して交戦に持ちこんだり、話しかけて話込むことにより、

ポスティングの進行を少しでも遅らせることを目的としています。

うかうかと敵の作戦に乗ってしまわないよう気をつけたいものです。


住人や管理人に配るなと言われたら「ハイ、そうですか。」でサラリとかわす。

集団ストーカーの説明を求められても、「チラシを読むと詳しく書かれてます」でサラリとかわす。

「創価学会はこんなことしていない」とイチャモンつけられても、

「私も本当に(?)その通りだと思います。わっはっは。」でサラリとかわす。

こんな感じでサラリとかわし、楽しくポスティングしてください。



2.ツイッターより高いポスティングの周知効果

ポスティングをしていて面白いことに気づいたことがあります。

それは春日部市内にポスティングをしてくると、

私のブログのアクセス数が上がることです。

チラシには私のブログのアドレス等は載せてないのですが、

ポスティングの数時間後にはアクセス数がゴンっと上がってました。

アクセス元はもちろん埼玉県内です。


同様のことがポスティング大会でも確認できました。

ポスティング大会の翌日にはアクセス数が急上昇してました。

ツイッターでブログ更新のツイートをした時の何倍もありました。


こういったことから、私はツイッターよりポスティングの方が

周知効果があるのではないかと思ってます。

まぁ、ポスティングはチラシを受け取った家の中で誰かが興味を持てば、

家族のうち誰かがネット検索をすることになりますから、

拡散力があるというのも分からなくもないです。


チラシにブログのアドレス等を載せたりすると面白いかもしれませんね。



3.集団ストーカーポスティング報告

6月に行った集団ストーカー周知チラシのポスティングです。















関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
よろしければクリックお願いします

プロフィール

たなかまる

Author:たなかまる
ソーシャルストーキングの被害者です。春日部市在住。様々なテストの結果で確認できた現実のソーシャルストーカー(集団ストーカー)と嫌がらせを扱っており、思考盗聴等の奇想天外なテクノロジー犯罪や都市伝説的なものは扱っておりません。ちなみに、自分の目で見て、耳で聞き、足で歩いて実際のものを確認すること、現実・常識・良心を大切にすることがモットーです。