ソーシャルストーカー in 埼玉

ソーシャルストーカーを撲滅し、何人も不当に自由を拘束されたり、侵害されたりしないようにするために、このブログを立ち上げました。このサイトはリンクフリーです。

画像

■ミス・インターナショナル2012優勝の吉松育美氏が脅迫被害の実態を告発
大手芸能プロ役員が協賛企業に圧力か



最近、またも集団ストーカーの実在を示すストーカー事件が起きています。

1つはミスインターナショナルがらみの事件。

すでにネットでは報じられ、また多くの人たちも取り上げていることから、

ことの詳細に対する説明は省略しますが、

ストーカー側が探偵を使ってミスインターナショナルの吉松氏の身辺を

調べさせたり、拉致しようとしたそうです。

これが事実であれば、集団によるつきまといと嫌がらせとなり、

またも集団ストーカー犯罪の実在が証明されたこととなります。

追加の情報を待ちたいところです。






■交換ストーカー事件

そして、もう1つが交換ストーカー事件。

ネットの闇サイトで出会った男女のストーカーが、

お互いのストーカー対象を交換して、協力し合いながらストーカーした事件。

こちらも有名ですね。

事件の性質、経緯から、この交換ストーカーが集団によるつきまいと嫌がらせ、

すなわち、集団ストーカーであることは疑いのない事実です。


ところで、不謹慎なようですが、この事件はある種の画期的意味を持つものです。

何が画期的なのかというと、それは、

有名人でない一般の人間が集団からストーカーされるということを証明した点

です。

今までも、リストラストーカー等で

有名人でない一般の人間がストーカーされる事実については報道されていました。

しかし、実際に犯人が検挙され、逮捕者が出て、大々的に報じられた事件としては

これが初めてではないでしょうか?。


これまでは、集団ストーカー被害を訴えても、

「有名人でもない貴方が集団からストーカーされるなんてあり得ない」

という言葉で隠ぺいされてきましたが、

この事件の発覚により、

一般の人間でも集団からストーカーされ得ることが証明されたのです。

実際にそのような事件があることが発覚したのですから、

集団ストーカー被害を訴えることが即妄想とはならなくなったのです。


そういう意味で、

この交換ストーカー事件の発覚と報道は画期的と言えると思いますし、

今後は加害集団にとってはさらに言い逃れがしにくい環境になるでしょう。


関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
よろしければクリックお願いします

プロフィール

たなかまる

Author:たなかまる
ソーシャルストーキングの被害者です。春日部市在住。様々なテストの結果で確認できた現実のソーシャルストーカー(集団ストーカー)と嫌がらせを扱っており、思考盗聴等の奇想天外なテクノロジー犯罪や都市伝説的なものは扱っておりません。ちなみに、自分の目で見て、耳で聞き、足で歩いて実際のものを確認すること、現実・常識・良心を大切にすることがモットーです。