ソーシャルストーカー in 埼玉

ソーシャルストーカーを撲滅し、何人も不当に自由を拘束されたり、侵害されたりしないようにするために、このブログを立ち上げました。このサイトはリンクフリーです。


昨日、創価学会が「集団ストーカー あかたまご」という言葉を用い、検索エンジンから名指しで検索していることが分かりました。そこで、創価学会からのアクセス記録を分析してみたところ、被害者の皆さんが日ごろ思っていることが確認できたのです。

アクセス記録を見たところ、創価学会からのアクセスがあったのは4月24日が最初のようです。そこから、一昨日までのアクセス記録を全て見てみました。


①4月24日のアクセス
20120424アクセスログ




このsoka.jpというアドレスは昨日の「このブログを見ている組織(あかたまご編)」で証明したとおり、創価学会のものです。

そして、上記画像の赤枠は、どこからこのページへアクセスしてきたのかを示すリンク元です。どこからアクセスしてきたのかは以下の通りで、私のブログの「新宿街宣・大宮街宣の告知」のページでした。




20120424リンク元



②5月23日のアクセス
次にアクセスがあったのは5月23日です。

20120523アクセスログ




どこからこのサイトに来たのかを見てみると、以下の通り私のブログの「足立ポスティング大会の告知」のページでした。




20120523リンク元



③6月1日のアクセス
次にアクセスがあったのは6月1日です。赤枠を見ていただくと分かるとおり、あるツイッターユーザーのツイートからこちらのブログにたどり着いたようです。ちなみに、このツイッターユーザは集団ストーカー被害者です。

20120601アクセスログ



④7月3日のアクセス
次は7月3日にアクセスがありました。

20120703アクセスログ




こちらの赤枠がどこのサイトかと言いますと、以下の通り集団ストーカー被害者KGSさんのブログです。




20120703リンク元




KGSさんのブログのどこから私のブログへ来たのか、おそらく以下の赤枠の「横浜ポスティング大会告知」からではないかと思います。




20120703リンク元2




⑤7月6日のアクセス
7月に入ってからにわかにアクセスが多くなりまして、その次は6日にアクセスがありました。

20120706アクセスログ




で、どこから来たのかといいますと、以下の通り集団ストーカー被害者サニナさんのブログでした。




20120706リンク元




なぜサニナさんのブログから来たのか?、それは以下の赤枠の「横浜ポスティング大会の告知」から来たからです。





20120706リンク元2




そして、この日の他のアクセスを見てみると以下の通りです。ポスティング大会の報告や告知から来ています。





20120706リンク元3

20120706リンク元4

20120706リンク元5

20120706リンク元6="471" height="225" />


⑥まとめ
以上のことから分かることは、創価学会は、

・集団ストーカー被害者のブログやツイッターを見ている
・ポスティング大会や街宣の告知を中心に見ている

ということです。そして、ポスティング大会や街宣の告知を見ているということは、集団ストーカーの被害者がどのような周知活動、周知イベントをやっているのかに興味があり、それを見ているということです。

こういったことは、集団ストーカーの被害者の皆さんが日ごろ考えていることであり、それがこのブログへのアクセス履歴から裏付けられたと考えてよさそうです。



■7月14日(土) 横浜港南区ポスティング大会告知
横浜港南区ポスティング大会もよろしくお願いします。

集合時間:15:30
集合場所:横浜市営地下鉄上永谷駅改札
       (改札は1つです)

その他:
・2時間位を予定しております
・チラシは用意済みですので用意しなくて結構です
・ゴム手袋の類があると楽にポスティングできます
・暑くなると思いますので、暑さ対策をお願いします
・雨天中止(当日AM9:00に判断します)
・ポスティング後に横浜懇親会に合流
・参加希望の方は当ブログ左下のメールフォームから
 ご連絡を

関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
よろしければクリックお願いします

プロフィール

たなかまる

Author:たなかまる
ソーシャルストーキングの被害者です。春日部市在住。様々なテストの結果で確認できた現実のソーシャルストーカー(集団ストーカー)と嫌がらせを扱っており、思考盗聴等の奇想天外なテクノロジー犯罪や都市伝説的なものは扱っておりません。ちなみに、自分の目で見て、耳で聞き、足で歩いて実際のものを確認すること、現実・常識・良心を大切にすることがモットーです。