ソーシャルストーカー in 埼玉

ソーシャルストーカーを撲滅し、何人も不当に自由を拘束されたり、侵害されたりしないようにするために、このブログを立ち上げました。このサイトはリンクフリーです。

画像

人が次の瞬間何をするのか?・・・これを予測することは実はそれほど難しいことではありません。と言っても、その人の行動を調べ上げておけばという条件が付きますが。

人の行動を3ヶ月間綿密に調べ上げておけば、人が次の瞬間何をするのか?ということを予測することはそれほど難しいことではありません。

もちろん、100%正確な精度で予測することは不可能ですが、集団ストーカーを行う上では十分な精度で予測することが可能です。

今回は、人の行動の予測がなぜできるのか?について考えてみたいと思います。


1.嗜好性に基づく規則性

人のことをよく調べておけばなぜ人の行動予測ができるのか?、それを一言で言うならば、人の行動は嗜好性に基づく規則性を持っているからです。簡単に言うと、人は好きなことを繰り返す傾向があるからです。やりやすいことを繰り返すと言ってもいいかもしれません。

どんな人でも大抵は規則的に行動しています。朝の電車、電車の乗る位置、降りる駅、職場で一緒に行動する仲間、一緒にご飯を食べに行く人、もしくは1人で食べに行くかどうか・・などなど。人によって違いはあるにせよ、人の行動には規則性と嗜好性があるのです。

ですから、人をつけまわして丹念に行動を分析をしていくと、大体の規則性があることが分かります。そして、この規則性は大抵本人が好きなこと、好きなやり方、またはやりやすいこと、やりやすい方法で構成されています。

例えば、早起きが好きな人はほぼ毎日同じような早い時間帯に起きるでしょうし、きれい好きな人は朝の同じような時間帯に窓を開けて空気の入れ替えをするでしょう。また、右利きの人であれば右腕で歯磨きするでしょうし、歯を磨く時間帯は大体一定です。

このように、人は好きなことを繰り返す、やりやすい方法、やりやすいものごとを繰り返す傾向にあり、それは顧客分析などでも言われていることです。だから、人の行動を丹念に調べ上げれば次の瞬間何をするのか?ということが大体予測できるのです。


2.行動の普遍性

ちなみに、この予測の精度は調べた時間と分析の的確さに依存します。より長期間調べ上げ、よりきちんと分析をすればするほど予測が正確になります。ですから、その範囲にないこと、つまり全く新しいことを正確に予測するのは難しいでしょう。

ただ、調べていなくてもある程度の精度を持って予測できることがあります。それは個人を超えて、人の行動に普遍性があるからです。例えば、人の行動は切りのいい時間に開始されたり、終了されたりする傾向があります。朝起きる時刻、床に入る時刻、仕事の開始時間、終了時間・・などなど。

ですから、集団ストーキングの相手が何時に起きるのかは分からないにせよ、とりあえず6時にイタズラするとか、7時にイタズラするとか、10分感覚でイタズラするとかやっておけばヒットしやすいですし、仕事を始めるなら9時頃だから9時近くに咳払いしてやろう(笑)・・・という感じで待ち伏せをすればヒットする確率は高いのです。

寝るタイミング云々という話も同じです。床に入った時刻から5分おきとか、10分おきとかやっていれば高い確率でヒットしますし、その人の行動を分析して寝入るまでにどれくらいの時間がかかるのか調べておけば不可能な話ではありません。


3.まとめ

以上、人の行動予測について述べてきました。人の行動は嗜好性に基づく規則性があると説明しましたが、実際にこのようなことは顧客の嗜好分析などで行われています。

たとえば、ポイントカード。

ポイントカードはいつ、どこで、いくら買ったのかが分かるようになっています。それをちょっと分析すれば、月曜日から金曜日は仕事場の近くで昼食が終わったくらいの時刻で缶コーヒーを買うとか、夜はいつも遅い時刻にコンビニで弁当を買うとかその人の行動の規則性と嗜好が分かってしまいます。

ですから、わざわざゴミ箱を漁ってシュレッダーにかけられた書類をつなぎあわせなくても、こういったことが分かるのです(もちろん、ゴミ箱漁りもするでしょうが・・・)。

他にも鉄道のICカードなども同じです。いつ、どこの駅で乗って、どこの駅で降りたのか、いつ、どこで、いくら買ったのか分かるようになってますから、これでもある程度の行動分析が可能です。

このように人の嗜好性と規則性を調べるという行為は世の中でも普通に行われていますので、集団ストーカー犯罪においても同じことが行われていたとしても全く不思議ではありません。そして、その分析により次の瞬間何をするのかが分かったとしても不思議ではありません。

※行動予測のための調査は1人で行うのは困難です。集団で付き纏う集団ストーカーであるからこそできる方法であると言えましょう。
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
よろしければクリックお願いします

プロフィール

たなかまる

Author:たなかまる
ソーシャルストーキングの被害者です。春日部市在住。様々なテストの結果で確認できた現実のソーシャルストーカー(集団ストーカー)と嫌がらせを扱っており、思考盗聴等の奇想天外なテクノロジー犯罪や都市伝説的なものは扱っておりません。ちなみに、自分の目で見て、耳で聞き、足で歩いて実際のものを確認すること、現実・常識・良心を大切にすることがモットーです。